ONE PLUS 1 gallery 企画展

開催期間は、
2006年12月21日(木)〜25日(月)・2007年1月4日(木)〜8日(月)
年末年始を挟んだ10日間です。

 


自分を記録する。客観的な自分。鏡に映る自分。

自分と他人の境界線。

時間の旅。現在の自分を記録・保存する。

自分の体を使う。自分の体で遊ぶ。

セルフタイマーフォト。過ぎ去った過去の自分と向き合う。

自分とは何か?

 

「最近、太ったんじゃない?」

「えー、そう?」

「この写真は痩せてるね。」

「でもまだ3年しか経ってないよ。」

 

いつもは外へ向けるカメラを反対側に向けてみたら?

何が写るか?

 

すましてみるもよし、ふざけてみるもよし。

年末年始のどさくさに紛れて、自分の恥ずかしい姿を晒してみよう!

年忘れ大笑いセルフポートレイト大会!

Member...50音順。サイトをお持ちの方にはリンクを貼っています。

朝倉麻衣

ayumi

あんこまん

otohumming

かよこ

神奈

小泉朱樹

samsonJ.

梓雪(しゆき)

白土亮次

トミオカサキエ

HIRO-UMI

松本シンノスケ

モモ

moo

八津谷泰三

脇田彩華

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

展示の様子

記帳ノート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セルフ・ポートレイトって!?

人物写真の中でも、最も美術作品としての色彩が濃いのは、セルフ・ポートレイトであるといってもよい。
セルフ・ポートレイトは、自分で撮影した自分の写真である。
自分が1人で写っている事は必ずしも必要ないが、1人で写っている作品をそう呼ぶ場合の方が多い。
例えば、セルフタイマーで撮影された家族写真を「セルフ・ポートレイト」と呼ぶ事はまれである。
セルフ・ポートレイトは、自分を用いる事から、最も表現としての自由が利き、写真家の個性が出るといわれる事がある。
日本人写真家によるセルフ・ポートレートで有名なのは、植田正治森村泰昌の作品であろう。
特に後者は、化粧等により、女性を含む他人や物・絵画の一部になりきった自分を撮影した作品群である。
シャッターを本人以外が押している事から、「撮影者」がいったい誰か、誰が撮影した写真作品なのか、という問題もはらんでいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

ONE PLUS 1 gallery
OPEN 12:00 CLOSE 20:00
定休日 火曜日
〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-1
info@one-plus-1.net

梅田から徒歩約12分。
地下鉄谷町線「中崎町駅」2番出口をでてすぐ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ONE PLUS 1 gallery 過去の企画グループ展

「空と僕」展  2005.9.28(wed)-10.10(mon)

旅行写真展「股旅」2006.2.22(wed)-3.6(mon)

「春ウラ・RA」展  2006.4.12(wed)-4.24(mon)

 

ONE PLUS 1 gallery 協力企画グループ展

オトコノコ展 2006.9.14(thu)-9.24(sun)